Ptolemy48(トレミーフォーティエイト)


ブランドヒストリー

ブランドヒストリー
「トレミー48」とは、2世紀の天文学者、「クラウディオス・プトレマイオス」が定めた
48個の星座の総称です。
「プトレマイオス」の英語読みがトレミー(Ptolemy)であることにちなんで名づけられました。
彼が著書「アルマゲスト」の中で北天の48星座を示したことにより、
以降は「トレミー48」が統一して使われるようになったのです
「トレミー48」には新しい星座群にはない神話が多く伝えられているなど、
いまも特別な存在として天文学史に独自の輝きを放っています。
宇宙に輝く星があまたあるなかで、ひときわ大きな魅力を備え、時を経ても色褪せる
どころか新たな光を放ち続ける星たちがある・・・・・・
そんな“時を昇華する”ブランドを目指して生まれたのが、
「Ptolemy48」(トレミーフォーティエイト)です。

「Ptolemy48」 ブランドコンセプト

「Ptolemy48」 ブランドコンセプト
「Ptolemy48」は、デザイナー堀一彦と4人の眼鏡職人の出会いから生まれました。
脈々と受け継がれた眼鏡職人技と最先端技術を融合した魅力ある作品をつくり上げ、
日本の眼鏡のすばらしさを世界に発信しようという願いを抱いて誕生したブランドです。
コレクションのテーマは「本物を語れるメガネ」
ブランドの基本に流れるのは、国産メーカーの技術の推移を集約し、
「ファッション」と「掛け心地」「耐久性」「アレルギー対策」「光学的要素」など、
『道具としての眼鏡』としての機能性を熟考して、まさに「快適な視力補正」と
「お洒落と品格」を同時に向上させてくれるメガネ造り・・・・
代々受け継がれた卓越した職人のテクニックやきめ細かな仕事ぶり、
そしてモノづくりに魂を込める情熱とこだわりから生み出されています。
原材料からこだわり、先端技術と素材の持ち味を生かした斬新なデザインも
トレミーブランドの大きな特長。
思わず触れたくなる独自のフォルムと様式美は、和の遺伝子を継承しつつ業界や
ユーザー嗜好のユニバーサルな流れをも的確に捉えた、みずみずしい感性から
発しています。

Ptolemy48 (トレミーフォーティエイト) の掛け心地と快適な視力補正のこだわり

  1. 世界初の3 連蝶番を採用。
    3 連蝶番を用いることで、お客様に合わせて傾斜角をたやすくつけられ、視力矯正に最適なフレーム構造になっています。
    3 連蝶番はデザインだけでなく、抜きの空間で歪み等を吸収する構造です。
    これまでにない掛け心地を生み出しました。
    PT-085 〜 PT-086、PT-089 〜 PT-091、VC-016 〜 VC-019、PT-092 〜 PT-093、AP-002 〜 004 モデルに採用。
  2. βチタンのフローティングアームパーツ採用。
    金型一体プレス加工で生み出されるβチタンの掛け心地は抜群です。
    ロウつけ箇所がないために、ロウ離れの不良は起きません。
    βチタンのフローティングアームは、左右だけでなく上下にもフレックスに動くことで耳の高低差がある方でも高いフィッティング感を生み出しました。
    お客様に合わせて傾斜角をたやすくつけられ、視力矯正に最適なフレーム構造になっています。
    PT-052 〜 PT-055、PT-061 〜 PT-064、PT-072 〜 PT-076、PT-083 〜 PT-084モデルに採用。
    *ダブルフローティングアーム採用モデル
    PT-048 〜 PT-051、PT-077 〜 PT-079、PT-080 〜 PT-082、PT-088
  3. βチタンのU 字蝶番を採用。
    お客様に合わせて傾斜角をたやすくつけられ、視力矯正に最適なフレーム構造になっています。
    セルロイドフレームに装着したことで抜群の掛け心地を生み出しました。
    弊社のセルロイド生地は熟成された生地を用いることで、引けや歪みが少なくメガネフレームに最適な状態で使用しています。
    テンプルは他社のように熱曲げで曲げているのではなく、最初から3 次元で最適な曲げた状態にメガネ職人が削りだしています。
    この工法で造りだされたセルロイドテンプルは、ノー芯ながら弾力性ある掛け心地を生み出す
    テンプル構造になっています。
    ヴィンテージセルロイドシリーズ全モデルに採用。(VC-005 〜 VC-015)
  4. βチタンクリングス採用。
    ヴィンテージセルロイドシリーズ全モデルに採用。(AP-001、VC-005 〜 VC-019)
    フレームフロント重量感を感じさせない弾力性を生み出しています。
    クリングスの根本1mmだけをなまし加工を施し、手でフィッテイングを可能にしました。
  5. 鼻マットはソフトラウンド形状でとてもおさまりがよく、チタンパット芯を採用していますので錆びることはありません。

Ptolemy48 (トレミーフォーティエイト) のアレルギー対策と耐久性のこだわり

日本人の5 人に1 人が金属アレルギーの人たちです。
また、髪染やヘアームーズの多様化でメガネのモダン部分に数多くの薬品が触れることが
多くなりました。
そのため弊社はお肌に優しい、綿からできたセルロイドテンプルやテンプルにセルロイドを
張り合わせ加工を行ってお肌に優しい施しを行っています。
メッキ加工の劣化も防ぎ、装飾加工されたテンプルへの保護も兼ねています。
セルロイド加工は大変滑らかに顔にフィットし、いつまでも輝きを失いません。
Ptolemy48 のメッキ加工は、すべてトップコート加工が施され、傷やメッキはげを防止しています。

Ptolemy48 (トレミーフォーティエイト) の材料と品質のこだわり

Ptolemy48 のフレームの原材料は、すべて安全基準に合格した材料を使用しています。
破壊テストも何回も行い、メッキ加工も人工汗テストを行い、CE 検査適合基準に合格した
フレームしか出荷していません。

Ptolemy48 (トレミーフォーティエイト) のファッションへのこだわり

ファッションに対する女性への思いやり
化粧品カラーコーディネーターと共同で開発した「小顔美人シリーズ」
メイクの仕方で小顔に見えるノウハウを、メガネカラーに取り入れました。
鼻筋メークを濃くし、フェースの両端を薄くメークすることで小顔効果を生み出すヒントから、
鼻筋は濃いメッキを施し、両端のメッキは日本人に一番使用されているファンテーションカラーを
メッキカラーに取り入れました。
またPT-080 は女性の悩みの一つで目元の「カラスの足」と言われている小じわを
目立たなくするように、花模様をデザインしました。
テンプルには綿からできたセルロイドを張り合わせたことで、お肌に優しく、髪染めの後でも
アセテート生地の様に解け出すことなくご使用できます。
PT-077 〜079、PT-080 〜 PT-082、PT-092 〜 093



JAOS認定店
メガネサロン 蔦
定休日:木曜日・第3金曜日
営業時間:10:00 〜 18:00

〒 319-1221 茨城県日立市大みか町2-26-10

TEL 0294-52-3371